雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

《便乗》と優先権

素朴な疑問。相手がドローする処理で終わった時に裏向きの《便乗》を発動することになっている。これはわかってる。

でも、相手が《強欲な壺》でドローしたあとで《便乗》を発動しようとした場合、優先権は相手にあるはずだから《便乗》は発動できない気がする。それとも、壺の効果処理後に自動的にこちらに優先権が移るのかな。相手がドローした直後に何か行動を起こしたあとに発動するのかな。《便乗》のための特別な発動タイミングでもあるのかな。私のルールの理解が不足しているのかな。

リアルだったらある程度適当でも何とかなっちゃうと思うけど、YOとかプログラムの世界ではそういうわけにはいかないよ。
遊戯王 | comments (2) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

なつき | 2005/11/17 22:09
プログラムの場合、ありとあらゆる処理のあとに「○○の処理終了時」をくっつけておくより他ないと思います。
《暗黒魔族ギルファー・デーモン》などの効果も、相手ターンには使えなくなってしまいかねませんし。

《オオアリクイクイアリ》のためだけに「魔法・罠をセットしたタイミング」があり、
《誘惑のシャドウ》《異次元の落とし穴》のためだけに「モンスターをセットしたタイミング」があるわけですから、
《便乗》のために「ドロー処理終了のタイミング」を作っても、問題は無いかと思います。
BlogPetのぼんくらうさぎ | 2005/11/18 09:29
相手や疑問などを行動しなかった。

Comment Form

Trackbacks