雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

次期制限改訂希望リスト

9月に行われると予定の禁止・制限カードの改訂に対する私の希望です。予想ではないので、そこのところ勘違いしないようにお願いします。

改訂が議題に上りそうなすべてのカードについて希望なり説明なりをするのがいいんでしょうけど、単純に労力の都合で一部のカードに絞りました。あと、書くことはあるけど抜けているカードもあるかもしれません。あらかじめご了承ください。

■禁止

>《デビル・フランケン》
 このカードがいるだけで融合カードのデザインの幅は著しく狭められているから。

>《強奪》
 《洗脳−ブレインコントロール》を3枚使えるようにするのであれば、このカードは別にいらない。

>《自爆スイッチ》
 新しくルールを作ってまで引き分けを撲滅したいのであれば、このカードは大会では使えないようにしなければ一貫性がとれない。

>《はたき落とし》
 《闇の仮面》+《月読命》で毎ターン使い回して試合時間を引き延ばすことをできなくするため。

>《魔導戦士 ブレイカー》
>《クリッター》
>《天使の施し》
>《押収》
 使えればデッキに入れる。使えなければデッキに入れられない。そういうカードは別に使えなくてもいいんじゃない?長いこと見てきたからそろそろ飽きたし。

>《早すぎた埋葬》
>《リビングデッドの呼び声》
 蘇生はデッキによってはできるようにした方が、デッキの個性が強調されそうな気がする。ただ、こうするとデッキに上級モンスターが入りにくくなるので、非常にデリケートな問題といえる。

■制限

>《未来融合−フューチャー・フュージョン》
>《オーバーロード・フュージョン》
 とりあえずキメラ中心のデッキは消えてください。

>《森の番人グリーン・バブーン》
 明らかにオーバーパワーカードです。

>《カオス・ソーサラー》
 使者が使えるときは見向きもされなかったカードだけど、それでも強いことに変わりはないから使われているカード。そろそろ光と闇の属性縛りから抜け出したいのです。

>《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》
 攻撃禁止カードは他にも山ほどあるので。あとは《魔導戦士 ブレイカー》禁止との兼ね合い。

>《魔のデッキ破壊ウイルス》
 実戦で使えるレベルの媒体が出てきたので、定位置にお戻りください。

>《聖なる魔術師》
 いくら魔法の質が全体的に下がったとしても、再利用は強い。

>《サイバー・ドラゴン》
 ビートダウンなら何も考えなしにはいるとか勘弁してください。

>《ガジェット》
もう十二分に暴れただろうし、そろそろ殿堂でお休みになってください。

>《成金ゴブリン》
 魔法カードによる遊戯王のキャントリップはデッキの総枚数を減らすことに等しい。

■準制限

>《ネフティスの鳳凰神》
>《魔法の筒》
 強いのは誰でもわかる。でも使われないんだったら緩和して様子を見てもいいんじゃないですかね。

>《神殿を守る者》
 たぶんこの位置でも問題ないと思う。デッキ作る人は少ないだろうし、広く普及することはないと思うから。

■3枚OK

>《魔鏡導士リフレクト・バウンダー》
 2枚でも使われないなら3枚だ。《魔法の筒》とあわせれば新しいデッキタイプができるよ。

>《E・HERO エアーマン》
 正直すぐにでも制限いけそうなポテンシャルを持っているけど、発売直後に規制はかけないよね。

>《閃光の追放者》
 メタカードだし十分対応可能なカードだと思うからこの位置。

>《ハリケーン》
 コンボデッキの友。制限にしておけばコンボデッキが流行ることはないと思うけど。


ちなみに、禁止から制限に緩和されるようなカードは見つかりませんでした。
一度禁止になったカードは、よほどのことがない限り戻ってこなくていいと思います。
遊戯王 | comments (1) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

BlogPetのぼんくらうさぎ | 2006/08/04 11:06
大きい労力とか、いいんで議題とかなりとかを勘違いしないはずだったの♪

Comment Form

Trackbacks