雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

マイ理論に基づいたデッキ

わたしの遊戯王感をリストにしてみました。人によっては同意できない箇所があると思います。でも、それは仕方のないことだと思います。わたしとあなたは違う人間ですし、考え方が全く同じなどということはあり得ませんから。

・受動的より能動的に行動せよ。
・シンプルイズベスト。
・手札の枯渇や事故は負けに直結する。
・自分のデッキは相手のリソースのうちの何を攻めるデッキなのかを常に意識しろ。
・モンスターで殴って勝つのが一番速い。
・モンスターがとぎれればそこで負け。
・攻撃力の高いモンスターが正義。
・相手が通常召喚したモンスターを相手のターンに破壊できれば、自分のターンに相手の場ががら空き。
・相手のターンに動けるカードが多ければ多いほど強いデッキ。
・相手の罠のすべてを除去できるわけではないから、相手の罠はひっかかって消費させろ。
・伏せカードを必要以上に怖がるな。
・カウンター罠はすべて紙。

・殺られる前に殺っちまえ!

このマイ理論を今流行っている除去ガジェットに応用して、デッキを作ってみました。
<モンスター16枚 魔法17枚 罠7枚>
怒れる類人猿
怒れる類人猿
怒れる類人猿
スチームロイド
スチームロイド
スチームロイド
賢者ケイローン
賢者ケイローン
D.D.アサイラント
D.D.アサイラント
D.D.アサイラント
異次元の女戦士
同族感染ウィルス
魔導戦士 ブレイカー
ならず者傭兵部隊
ミスティック・ソードマン LV2
いたずら好きな双子悪魔
サイクロン
ハリケーン
強奪
強欲な壺
早すぎた埋葬
増援
増援
大嵐
地砕き
地砕き
地砕き
天使の施し
突進
突進
抹殺の使徒
抹殺の使徒
リビングデッドの呼び声
聖なるバリア−ミラーフォース−
破壊輪
万能地雷グレイモヤ
炸裂装甲
炸裂装甲
炸裂装甲

とりあえずデッキの形にしただけなので、一度も使っていません。それでも、なかなかやり手のデッキだと思います。何せマイ理論を実践したデッキですから(笑)。

除去ガジェットからガジェットを抜いて、高攻撃力の地属性モンスターで固めてみました。ガジェットは何らかのサポートカードが必須でしたが、このデッキのモンスターはサポートなしでも十分やっていけるステータスです。《スチームロイド》だけはサポートが必要ですけど。

モンスターを除去することと、高ステータスのモンスターで殴ることに特化しているので、デッキの安定性はかなり高いです。余計なギミックを搭載せず、デッキコンセプトを全うすることだけを目的とした結果です。


地属性中心のパワーデッキは、現環境でもトーナメントデッキとして十分やっていけるデッキパワーはあると思います。使用者が極端に少ないような気がするので、情報も少なめです。それでも、決して弱いデッキではないと思うので、使用者が増えてくればもっとメジャーなデッキになるでしょう。


このデッキはガジェットセットを持っていない人に特に試してもらいたいと考えています。ガジェットは入手性に難がありますからね。

《D.D.アサイラント》という高価なカードを3枚持っている人も多くはないと思うので、廉価バージョンも考えました。《D.D.アサイラント》3枚を《異次元の戦士》1枚と適当なアタッカー2枚に代えればよいでしょう。全く変わらないというわけにはいかないと思いますが、デッキコンセプトは十分維持できると思います。
遊戯王 > デッキ | comments (3) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

スミス | 2005/07/12 20:48
自分はモンスターのアタックこそが、最高に効率の良い相手モンスター除去だと確信しています。

考え方にもデッキにもけっこう同意できましたー
??? | 2005/07/15 07:09
実際にこのデッキを試させて頂いたのですが、スケゴを3回も発動されました(汗 スケゴ対策があったほうが良いかもしれません
テレポ | 2005/07/15 16:40
>スミスさん
最近はモンスターによってアドバンテージを取ろうとするデッキが少ないですね。
1発で勝負するデッキばかりの気がします。
ですから、こういうタイプのデッキに注目が集まらないのだと思います。
残念なことですが。

>???さん
羊には特別な対策を取る必要はないと思っています。
ただの時間稼ぎですからね。
サウサクは豊富なモンスター除去カードで対処できると思いますし。

それでも気になるようでしたら、貫通モンスターや弾圧などいろいろなオプションも選べますので、ご自身の好きなようになさってください。

Comment Form

Trackbacks