雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

アゾリウスビートダウン

4/27:最初の脳内構築。
6/15:コントロールをメタったバージョン。
7/23:メロク入りバージョン。
7/23版
・土地23枚
9《平地/Plains》
3《島/Island》
4《アダーカー荒原/Adarkar Wastes》
4《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1《永岩城/Eiganjo Castle》
1《水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge》
1《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》

・生物22枚
4《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》
4《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》
4《アゾリウスの一番翼/Azorius First-Wing》
2《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》
3《アゾリウスのギルド魔道士/Azorius Guildmage》
3《ヴェクの聖騎士/Paladin en-Vec》
2《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》

・呪文15枚
3《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4《マナ漏出/Mana Leak》
4《差し戻し/Remand》
4《栄光の頌歌/Glorious Anthem》

・サイドボード
3《古の法の神/Kami of Ancient Law》
4《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4《呪文嵌め/Spell Snare》
3《信仰の足枷/Faith's Fetters》

切り札としてメロクを入れたタイプ。
《八ツ尾半》と《アゾリウスのギルド魔道士》の二大ユーティリティクリーチャーを入れたこともあり、土地は少し多めの23枚。
ウィニークリーチャーを《栄光の頌歌》で強化しつつ、カウンターのバックアップで殴りきる。

サイドボードはアーティファクト対策をばっさり切った。
十手には十手で対抗する。針はあきらめる。
《信仰の足枷》を十手に張ることもあり得る。
エンチャントは《古の法の神》で対処。

《呪文嵌め》は青いデッキのカウンターによく効くし、《紅蓮地獄》もカウンターできる。

相手が火力入りのビートダウンの場合、《信仰の足枷》と《清麻呂の末裔》のライフゲインでしのぐ。
サイズ的にこちらが不利なので、真正面からやり合うのは不利。



6/15版
・土地22枚
8《平地/Plains》
3《島/Island》
4《アダーカー荒原/Adarkar Wastes》
4《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
1《永岩城/Eiganjo Castle》
1《水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge》
1《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》

・生物24枚
4《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》
4《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda》
2《灯籠の神/Lantern Kami》
4《アゾリウスの一番翼/Azorius First-Wing》
2《名誉の手/Hand of Honor》
2《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》
3《深き刻の忍者/Ninja of the Deep Hours》
3《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》

・呪文14枚
3《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4《マナ漏出/Mana Leak》
4《差し戻し/Remand》
3《栄光の頌歌/Glorious Anthem》

・サイドボード
4《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》
1《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》
2《風を裂くもの/Windreaver》
1《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
3《天羅至の掌握/Terashi's Grasp》
3《信仰の足枷/Faith's Fetters》
1《幽霊街/Ghost Quarter》

1マナクリーチャーからの忍者→カウンターにつなげるタイプ。
1マナパワー2を8体用意したので、スピードもある程度はやい。

サイドは火力を使ってくるビートダウンを主にケア。
カウンターを使わないコントロールが相手なら、《風を裂くもの》がおもしろそう。



4/27版
・土地23枚
6《平地/Plains》
2《島/Island》
4《アダーカー荒原/Adarkar Wastes》
4《神聖なる泉/Hallowed Fountain》
4《アゾリウスの大法官庁/Azorius Chancery》
1《永岩城/Eiganjo Castle》
1《水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge》
1《雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds》

・生物22枚
4《アゾリウスの一番翼/Azorius First-Wing》
4《名誉の手/Hand of Honor》
4《ヴェクの聖騎士/Paladin en-Vec》
4《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》
4《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》
2《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》

・呪文15枚
3《祝福の息吹/Blessed Breath》
4《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》
4《差し戻し/Remand》
4《栄光の頌歌/Glorious Anthem》

ディセンションで得たものは土地。今まででも同じようなデッキは作れたけど、マナベースが不安定で使う気にはなれなかった。

速攻でビートダウンするのだったらZooの方が速そうなので、少しスピードを落としてクリーチャーの質で勝負しようと思う。
MTG > デッキ | comments (1) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

BlogPetのぼんくらうさぎ | 2006/05/12 09:03
きょう、ここまでTaMiがここにTaMiがここへ脳も構築するはずだったの。

Comment Form

Trackbacks