雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

白ウィニーって繊細なんです

遊戯王はやる気0。誰かにデッキを借りないと遊ぷれカップを回避するさえあります。

遊戯王がダメならマジック。こちらは多少やる気になっています。やはり電結親和が消えたおかげでしょうか。それとも《輝く群れ/Shining Shoal(BOK)》に目覚めちゃったからでしょうか(謎)。
今日の使用デッキ
・土地22枚
20《平地/Plains》
2《永岩城/Eiganjo Castle(CHK)》

・生物20枚
4《サバンナ・ライオン/Savannah Lions(8ED)》
4《今田家の猟犬、勇丸/Isamaru, Hound of Konda(CHK)》
4《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter(MRD)》
4《薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain(CHK)》
4《空狩人の散兵/Skyhunter Skirmisher(5DN)》

・呪文18枚
4《急報/Raise the Alarm(MRD)》
4《手甲/Shuko(BOK)》
2《梅澤の十手/Umezawa's Jitte(BOK)》
4《来世への旅/Otherworldly Journey(CHK)》
4《栄光の頌歌/Glorious Anthem(8ED)》

・サイドボード
4《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker(BOK)》
4《輝く群れ/Shining Shoal(BOK)》
4《天羅至の掌握/Terashi's Grasp(BOK)》
3《因果応報/Karma(8ED)》

デッキの原型がマナバーンvo.3の浅原さんの記事にあった「防御型白ウィニー」なので、あまり見慣れないカードがいくつか入っています。自分なりに調整しようと思っているんですけど、デッキの調整には時間がかかりますね。

十手が2枚なのは所持枚数の関係です。早いうちに構築済みのネズミデッキを後2個買ってそろえたいですね。でも、十手は対クリーチャーデッキ用の決戦兵器っぽいので、サイドに落としてもよいと思っています。

1マナクリーチャーは地上部隊のみ。青コンが流行っているようなので、1マナパワー2を重視しています。緑系のデッキが多いようであれば、《灯籠の神/Lantern Kami(CHK)》の方がよいと思います。ライオンと《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder(CHK)》の相打ちは勘弁ですし。

1マナの装備品は《手甲/Shuko(BOK)》を試しています。装備コストがないのは偉大ですけど、今のところ目立った活躍はしていないようにも思います。

2マナ域は定番の《レオニンの空狩人/Leonin Skyhunter(MRD)》と《薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain(CHK)》。電結親和亡き今《薄青幕の侍/Samurai of the Pale Curtain》はあまり必要ないように思いますけど、《永遠の証人/Eternal Witness(5DN)》はまだ健在ですし、《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star(CHK)》が墓地に行かないのはやはり大きいと思います。《急報/Raise the Alarm(MRD)》は《栄光の頌歌/Glorious Anthem》を入れるのであれば入れておきたいですね。

《来世への旅/Otherworldly Journey》は個人的に大好きなカードです。基本的には除去回避に使います。《死の雲/Death Cloud(DST)》の対策としてはこのカードがたぶん一番でしょう。メインから抜くとしてもサイドに3枚くらい欲しいカードです。

3マナ域は外せない《栄光の頌歌/Glorious Anthem》とトロンメタとして入れていた《空狩人の散兵/Skyhunter Skirmisher》です。十手との相性は抜群なのですが、いかんせん重いです。

サイドボードは適当です。《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》はコントロール系のデッキ全般によく効きます。《天羅至の掌握/Terashi's Grasp》は主に《ヴィダルケンの枷/Vedalken Shackles(5DN)》対策。《輝く群れ/Shining Shoal(BOK)》は主に赤いデッキ対策ですが、最後の数点を削ったりいろいろできるので、メインに入れてもよいと思っています。《因果応報/Karma》はとりあえず入っている感じですね。


白ウィニーはメタにあわせてデッキを微調整しなければ生き延びられないデッキだと思います。《塵を飲み込むもの、放粉痢/Hokori, Dust Drinker》を手に入れたのでマナをのばすデッキに対する相性が多少はよくなりました。《輝く群れ/Shining Shoal》のおかげで、最後の数点を削るのも多少は楽になりました。それでも、とても繊細なデッキにかわりはありません。その点を留意しつつ、これからもデッキの調整を続けていく予定です。
MTG > デッキ | comments (2) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

あの | 2005/04/05 23:47
デッキは用意するので出てくださいね(^^;
TaMi | 2005/04/06 22:36
遊戯王に対するモチベーションの低下は著しく、今はこのまま長い休養に入ろうかと思っています。
ですので、非常に申し訳ないのですが遊ぷれカップへの参戦は見送らせていただきたく思います。

Comment Form

Trackbacks