雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

黒白サイクリングデッキ

インビテーショナルのサイクリングデッキのリプレイを見ていたら無性にサイクリングデッキが使いたくなったので、むかし作ったデッキを少しリメイクして使いました。
元のデッキはコモンデッキ+アンコモン1種類というデッキですが、もうそういう制限はなしにしました。それでも、《永遠のドラゴン/Eternal Dragon(SCG)》や《正義の命令/Decree of Justice(SCG)》、《アンデッドの剣闘士/Undead Gladiator(ONS)》などのレアカードは持っていないのでレアは入れないことにしました。
安くデッキを作るというのも、明確な目標とすれば頭を使うものです。
・土地24枚
10《沼/Swamp》
6《平地/Plains》
4《やせた原野/Barren Moor》
4《隔離されたステップ/Secluded Steppe》

・生物16枚
4《騒がしいネズミ/Chittering Rats》
4《グレイブディガー/Gravedigger》
4《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》
4《気高き院僧/Noble Templar》

・呪文20枚
4《燻し/Smother》
2《死の脈動/Death Pulse》
2《生命の息吹/Breath of Life》
4《新たな信仰/Renewed Faith》
4《荷降ろし/Unburden》
4《霊体の地滑り/Astral Slide》

《生命の息吹/Breath of Life》は《ゾンビ化/Zombify》の在庫がなかったためで、深い意味はありません。

基本的な動きは《霊体の地滑り/Astral Slide》を張った状態で《グレイブディガー/Gravedigger》を除外して《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》等を回収して毎ターンサイクリングを繰り返すだけです。
《よじれた嫌悪者/Twisted Abomination》は十分フィニッシャーとして使えるスペックです。

土地サイクリングクリーチャーが8枚で、かつ2マナサイクリングカードも豊富なので、初手に土地が2枚あれば十分安定してデッキが回ることが何よりの強みです。
対抗色ですが色マナの心配をする必要もほとんどありません。
こういう安定して回ってくれるデッキはとてもすきですね。

まだ作ったばかりで細かい調整などは行っていないのでツッコミどころがいくつかあります。
《燻し/Smother》を《虫つぶし/Swat》にするととても安くデッキが作れるので、興味がある人は作ってみると良いと思います。
MTG > デッキ | comments (0) | trackbacks (0) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

Comment Form

Trackbacks