雑草の萌芽

「遊戯王ニュース」「たみはみた」の中の人のブログです。
自分で書いた読み物の公開場所として利用しています。
左メニューの興味のあるカテゴリ(説明)からどうぞ。

壺と埋葬はどうなるのか?

ストラク戦士の伝説に《強欲な壺》と《早すぎた埋葬》が入っていないことが各地で話題を呼んでいるようです。9月にこれらのカードが禁止になるのではないか、という憶測も聞かれます。これらのカードについて少し考えてみました。
《強欲な壺》はカードゲーム史上最強のカードといえるでしょう。なんのコストもペナルティもなしに使うだけで手札が1枚増える。プレイするコストが必要ない遊戯王OCGだからできるカードです。すべてのデッキに入ることもあり、カードパワーだけを考えれば禁止が妥当でしょう。

《早すぎた埋葬》は汎用性の高い蘇生カードであり、《リビングデッドの呼び声》に並ぶ数少ない実戦レベルのカードです。それでも、現在の禁止カードである《死者蘇生》にほとんどの点で劣ります。

この2枚では明らかにカードパワーが違いすぎるので、いっしょに考えることは意味のないことでしょう。この2枚がそろってストラクに収録されないからといって、両方とも禁止になると考えるのは早計です。

しかし、この2枚には共通点もあります。それは代替カードが存在しないことです。壺に替わって入るカードはありえません。埋葬に替わる使い勝手のよい蘇生カードもありません。ですから、この2枚が禁止になったとしても、代わりのカードが穴を埋めることはできないのです。

この点を考慮すると、私はどちらも禁止カードになることはないと思います。禁止カードは政策的な面が強く、強すぎるカードがすべて禁止になるわけではありません。全く理由が示されずに禁止カードが決定されている現状では、私たちが予想するすることは非常に困難です。

個人的な考えでは壺はどうでもいいです。禁止になればデッキに入れませんし、制限ならデッキに入れます。ユーザーが考える必要はありません。埋葬は現状で使えるレベルの蘇生カードがこれとリビングしかないので、禁止にするとデュエルがおもしろくなくなると思います。

1ユーザーの予想など、なんの意味も持ちませんけどね。
遊戯王 > 読み物 | comments (0) | trackbacks (1) | このエントリーを含むはてなブックマーク

Comments

Comment Form

Trackbacks

【遊戯】「ストラクチャーデッキ−戦士の伝説」に《強欲な壺》や《早すぎた埋葬》が入っていない理由 | Direct Attack!!! | 2005/06/13 14:47
戦士の伝説封入カードについて